つらい病気症状を和らげるアイデア

私自身、メンタルの病気を持っていて、完治というゴールが見えないので、一時期は毎日気持ちが落ち込んでいました。

Pick Up Entry
つらい病気症状を和らげるアイデア

私自身、メンタルの病気を持っていて

このエントリーをはてなブックマークに追加

★29歳 女性

私自身、メンタルの病気を持っていて、完治というゴールが見えないので、一時期は毎日気持ちが落ち込んでいました。

そんな私が今では普通に暮らしているのは、考え方を変えたからなのです。
確かにゴールが見えず、薬も風邪の薬のように完治に効果があるようなものではないので、完治できないことに悲観するのではなく、いかに病気と向き合いつつ上手く病気と折り合っていくかという考え方に切り替えました。

例えば、どうすれば症状が落ち着くのか、どうすれは症状を出さずに過ごせるのかを、ネットの同じ病気の方のアイディアを1つ1つ見つけては試していったのです。
やはり中には自分に合っているアイディアもあるので、外出する時や発作が出そうだなという時にお守り代わりに行っていると、だんだんと1日中、病気のことを考えなくなりました。

人間は悩みがあると、解決するまでずっと悩んで鬱々としてしまいがちですが、一旦そこから離れて楽しいことをたくさん行ったり、何か夢中になることを見つけて考えないようにしたりすることで、前向きになったり客観的に症状を見つけることができると思うのです。

昔から病は気からとも言いますので、まずは気持ちを前に持っていくことが和らげる第一歩だと思います。

私にとってのつらい病気の症状は生理痛です

★36歳 女性

私にとってのつらい病気の症状は生理痛です。
病気とまではいきませんが、毎月来るとても辛い症状です。
若い頃から頻繁に症状が訪れるので婦人科を受診したこともありましたが、異常は見つからずとても健康だといわれました。
つらい時には市販の鎮痛剤を飲む程度でいいと言われましたが、やはり薬だけに頼るのは気が乗りませんでした。

そこで私が考えた生理痛によるつらい症状を和らげる方法は、軽く体を動かすことと、足元から腰を温める方法です。
お腹や腰が痛い、頭痛がするからといって寝たきりになるのでは、症状を我慢するだけで何の解決にもなりませんでした。
そこで近くの公園まで散歩をするとか、お風呂にゆっくりと浸かることで、症状を改善することができたのです。

緊急時やよっぽどつらい時には薬に頼ることもありますが、おおむね自身で見つけた方法で症状が改善できます。生理痛によらない軽い頭痛やだるさにも効果があったので、ちょっとだけつらいという時には、心も体もリラックスさせるような方法が最適なのだと思いました。